快適なお風呂に仕上げる|浄水器を設置しよう

住宅の断熱性を向上

部屋

省エネ住宅の実現に不可欠

日本は四季ごとに気温の変化が大きい温帯気候のため、夏は非常に暑くなる反面冬は最低気温が氷点下にまで下がる地域も少なくありません。そうした温度変化に対応して住宅環境の快適性を保つためにエアコン等の冷暖房機器が普及していますが、住宅の断熱性能が低いと室内の熱が外部に逃げてしまいます。現在では多くの住宅に断熱材が使われるようになり、内部の熱を外に逃さない断熱工法の家も普及してきました。断熱材にもいろいろな種類があってそれぞれ素材は異なりますが、内部の細かい隙間に空気が封じ込められている構造は共通します。この空気の層が介在することで温度伝達を防いでくれるため、室内の熱が屋外に逃げにくい仕組みとなっているのです。断熱材の導入方法には新築時などに行われる外張り断熱と、室内工事でも設置可能な充填断熱があります。素材別で見た場合の断熱材で代表的なのは、鉱物繊維や天然繊維などの繊維系と気泡構造を持つ発泡プラスチック系の2種類です。繊維系の断熱材で最も多く使われているグラスウールは導入費用が安く済む点がメリットとして挙げられ、ガラス繊維のため耐火性や吸音性にも優れます。発泡プラスチック系断熱材の中でも代表的なポリエチレンフォームは繊維系よりも高価ですが、吸湿性が低いため性能の劣化しにくいのが特長です。このような断熱材を予算や気候特性に合わせて導入することにより、外気温の変化に影響を受けにくい室内環境が実現されます。エアコンなどを使用する際の余分なエネルギー消費が抑えられ、冷暖房費節約という形で家計にもプラスに作用するのです。既存の木造住宅でも室内工事を行う業者に依頼してこのような断熱材を設置してもらうことにより、新築住宅に近い省エネ効果が得られた例も少なくありません。厚みのある断熱材を室内工事で導入すれば外張り断熱以上の高い省エネ効果が発揮され、地球環境にも優しい家へと生まれ変わるのです。