快適なお風呂に仕上げる|浄水器を設置しよう

床を傷つけたくない

ペットは家族同然ですが、家の中で走り回ると滑ることで足腰に大きな負担をかけてしまいます。それを予防するためにはフロアコーティングが最適です。滑りにくくなることと同時にフローリングを綺麗なままで保つことができるようになります。

住宅の断熱性を向上

部屋

気泡を多く含む構造によって空気を内部に封じ込めた断熱材は、室内の熱を外に逃さない効果を生みます。断熱材は比較的安価なグラスウールなど鉱物繊維系と、吸湿性の低い発泡プラスチック系に大きく分けられます。既存住宅にも室内工事で断熱材を導入すれば外気の影響を受けにくくなり、冷暖房費節約効果が得られるのです。

美しい光沢

空室

フローリングにコーティングをしておけば、キズがつきにくくなりお手入れも楽です。美しい光沢が長く続き、耐久性の高いものを選べば定期的に塗り直しせずに済みます。コーティングは種類があるので、あらかじめ調べておくことが大切です。

残留塩素を減らすため

浄水器

効果や設置する場所

水道水は、川の水を消毒することで作られています。川の水には雑菌が含まれていることがあるので、消毒には、雑菌の体を構成しているたんぱく質を分解する作用のある塩素が使われます。そのため水道水には、わずかですがその塩素が残っています。そして、その風味や体への影響が気になるという人の多くが、専門業者に依頼してキッチンに浄水器を取り付けています。浄水器により、残留塩素をある程度除去することが可能になるのです。そして昨今では、お風呂での浄水器の取り付けを依頼する人が増えています。というのもお風呂では、お湯にした水道水を全身に浴びせることになるからです。肌や髪もたんぱく質で作られているため、残留塩素が多いと、たんぱく質が分解されることでこれらが傷むことがあるのです。アトピー肌や薄毛の原因となる可能性もあるため、そのためお風呂での浄水器の需要が高まっているわけです。お風呂用の浄水器は、浴槽の蛇口に取り付けるだけで済む簡易的なものもあります。しかし専門業者に依頼すれば、よりしっかりと残留塩素を除去できる高性能な浄水器を、水道管に直接取り付けてもらうことができます。これにより、浴槽の蛇口だけでなくシャワーからも、残留塩素の少ない水道水が出てくるようになるのです。また昨今では、住宅内の全ての蛇口につながる水道管に設置できるタイプの浄水器も注目されるようになっています。これを設置すれば、お風呂だけでなくキッチンや洗面台でも、残留塩素を気にせずに水道水を使うことが可能となるのです。